記事情報

Rails のキャッシュについて

Rails のキャッシュについて

Rails3 までページキャシュ(ページ全体をキャッシュ)ページのレンダリング結果を静的な HTMLファイルとしてファイルシステムに保存する機能。HTMLファイルは publicディレクトリ以下に配置され、Webサーバ(Nginxなど)から直接返すことができる。リクエストパラメータ(条件付き GET リクエスト)が付与される場合は避けた方が良い。アクションキ...

更新日: 2014-10-15
記事の見出し
  • Rails のキャッシュについて
  • Rails3 まで
  • Rails4
  • キャッシュを使う(Russian Doll Caching)
  • キャッシュキー
  • キャッシュストア
  • アクションキャッシュ、ページキャッシュを使いたいという場合
  • 引用・参考
テックブログ情報
Rails のキャッシュについて
ブログセカイエ - Qiita
ブログ概要住宅リフォームサービス「リノコ」を開発・運営するスタートアップ企業
QiitaQiita::sekaie
会社名セカイエ
会社概要