記事情報殿堂入り企業

Pull Request発行時にそのコミットIDでデプロイされた環境を自動構築してレビュー時/マージ前に確認しやすくする仕組み

Pull Request発行時にそのコミットIDでデプロイされた環境を自動構築してレビュー時/マージ前に確認しやすくする仕組み

インフラをアレしてる佐野です。Pull Request(以下、p-r)が発行されると、そのp-rのコミットIDでデプロイされた環境を自動構築する仕組みを作ったので、今日はそれについて。マージ直前の環境が立ち上がるのでレビューアはレビュー時にコードを追うだけでなく、ブラウザ/アプリの接続先をこの環境に向きかえることで実際のアプリケーションの動作も確認できるよう...

更新日: 2017-02-24
記事の見出し
  • Pull Request発行時にそのコミットIDでデプロイされた環境を自動構築してレビュー時/マージ前に確認しやすくする仕組み
  • 1. 動作
  • 2. 仕組み
  • 3. GitHubのWebhook
  • X-GitHub-Eventヘッダ
  • action要素
  • pull_request.head.sha
  • 4. 自動構築の処理
  • 5. Dockerの活用
  • Docker公式イメージ
  • 6. tmpfsの活用
  • 7. まとめ
テックブログ情報
Pull Request発行時にそのコミットIDでデプロイされた環境を自動構築してレビュー時/マージ前に確認しやすくする仕組み
ブログトレタ開発者ブログ
ブログ概要予約/顧客台帳サービス「トレタ」の開発メンバーによるブログです。
QiitaQiita::toreta
会社名株式会社トレタ
会社概要