記事情報企業

AWS Toolkit for EclipseでEclipseからAWS Lambdaを利用したサーバレスなアプリケーションをデプロイしてみた

AWS Toolkit for EclipseでEclipseからAWS Lambdaを利用したサーバレスなアプリケーションをデプロイしてみた

AWS Toolkit for Eclipseを使用して、AWS Serverless Application Model(SAM)で開発したアプリケーションの「ひな形の作成」「デプロイ」「AWSの各リソースの確認」をし [...]...

更新日: 2017-07-12
記事の見出し
  • AWS Toolkit for EclipseでEclipseからAWS Lambdaを利用したサーバレスなアプリケーションをデプロイしてみた
  • AWS Toolkit for Eclipseとは?
  • AWS Serverless Application Model(SAM)とは?
  • やってみる
  • AWS Toolkit for Eclipseのインストール
  • 1. Help > Install New Software...をクリック
  • 2. Work withに「https://aws.amazon.com/eclipse」を入力しEnter。しばらく待つとプラグイン一覧が出てくるので必要なものを選択しNextをクリック
  • 3. インストール対象の一覧が表示されるので再度Nextをクリック
  • 4. ライセンスを承認してFinishをクリック
  • 5. Eclipseを再起動するとAWSのアクセスキーとシークレットアクセスキーを求められるので入力
  • Eclipseからサーバーレスアプリケーションのひな形を作成する
  • 1. アイコンをクリックするとメニューが開くので、New AWS Serverless Project...をクリック
  • 2. Project nameを入力、Select a Blueprintをarticleに設定し、Finishをクリック
  • アプリケーションをデプロイする
  • 1. プロジェクトを右クリックし、Amazon Web Services > Deploy Serverless Project...をクリック
  • 2. 以下をそれぞれ設定し、Nextをクリック(この時点でFinishをクリックするとデプロイに失敗します)
  • 3. 環境構築時の変数(serverless.templateにて定義)を入力し、Finishをクリック(今回はデフォルトのまま)
  • 4. デプロイの進捗が表示されるのでしばし待つ
  • デプロイしたアプリケーションを実行する
  • 実行結果をEclipseから確認する
  • S3
  • DynamoDB
  • まとめ
テックブログ情報
AWS Toolkit for EclipseでEclipseからAWS Lambdaを利用したサーバレスなアプリケーションをデプロイしてみた
ブログAWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ
ブログ概要AWS/iOS技術者の必読メディア
会社名クラスメソッド株式会社
会社概要AWSプロフェッショナル集団として受託システム開発を行う企業です