記事情報企業

Alexa関連の33セッションを日本語に訳してみた #reinvent

Alexa関連の33セッションを日本語に訳してみた #reinvent

向寒の候, おびただしい落ち葉に、過ぎゆく晩秋を惜しむ今日このごろですが、お変わりなくご活躍のことと存じます、せーのです。 現在私は11/27より始まります「re:Invent 2017」に参加するため、アメリカはラスベ [...]...

更新日: 2017-11-27
記事の見出し
  • Alexa関連の33セッションを日本語に訳してみた #reinvent
  • Alexa関連のセッションが気になる
  • Alexa関連セッション
  • ALX201 - Alexa搭載製品を作成しAlexa Gadgets Developer Toolsを体験する
  • ALX202 - AVSを使用してあなたのハードにAlexa Voiceテクノロジを連携させる
  • ALX203 - 音声認識テクノロジはどのようにして教育を新時代に導くか
  • ALX301 - あなたのAlexa Skillを劇的に変える5つのサービス
  • ALX302 - AlexaとAWS IoT: 現状の100%にさらに音声を
  • ALX303 - 対話の芸術や科学をAlexaに応用する
  • ALX304 - 開発者の思考を再構築させる人工知能の5つの傾向
  • ALX305 - インテルとAVSによる遠距離場面音声処理システムの設計
  • ALX306 - Echoボタンを使うゲームスキルの構築
  • ALX307 - AVS Device SDKを使ってあなたの製品にAlexaを連携させる
  • ALX308 - 音声によって基本的に変化する3つのデバイス
  • ALX309 - Top Alexaスキルにみるデザインプラクティス
  • ALX310 - AlexaとOAuth: Amazon API GatewayをプロキシとしてあなたのAccount linkingと連携させるための設定方法
  • ALX311 - Alexaスキル構築のためのDevOpsツール
  • ALX312 - よりパーソナルな体験をするためのAlexa Permissionハンドリング
  • ALX313 - 音声デザインーあなたがVUIについて知りたいと思っていたが質問できなかったVUIの全て
  • ALX314 - AWSを使ったAlexaの分析方法
  • ALX315 - Alexaスキルテストの自動化
  • ALX316 - Alexa Smart home Skillのバックエンド構築方法
  • ALX317 - Capital Oneはマルチモーダルな音声体験をどのようにして起こし、Echo Showを使ってキッチンに銀行を作り出したのか
  • ALX318 - 音声 + 画面: AVSを使ったマルチモーダルなデバイスの開発方法
  • ALX319 - 全てはデータだ: Alexa AIシステムのバックグラウンドにある機械学習
  • ALX320 - Alexa賞の裏側にある科学: AIチャレンジ
  • ALX321 - Alexaの最先端科学
  • ALX322 - 自然言語プロセスと自然言語生成: 音声デザインの最先端
  • ALX323 - Alexaのマルチモーダル体験をデザインする
  • ALX325 - インタビュー: Earplay社のアーキテクトたちはどのようにしてAlexaのラジオドラマを制作したか
  • ALX326 - Alexaの自然言語を付加する挑戦
  • ALX327 - Alexaスマートホーム
  • ALX328 - 全ての場所にスマートデバイスを
  • ALX329 - Echoボタンを使った双方向ゲーム体験のデザイン
  • ALX401 - 上級者向けAlexaスキル構築: 対話と状態保存
  • ALX402 - あらやだ、取り上げられたわ! : 構築方法、スケール、テストなどをAlexaバックエンドから全顧客へと管理する
  • まとめ
テックブログ情報
Alexa関連の33セッションを日本語に訳してみた #reinvent
ブログAWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ
ブログ概要AWS/iOS技術者の必読メディア
会社名クラスメソッド株式会社
会社概要AWSプロフェッショナル集団として受託システム開発を行う企業です