記事情報企業

【翻訳してみた】EarthOnAWS How NASA is Using AWS #STG205 #reinvent

【翻訳してみた】EarthOnAWS How NASA is Using AWS #STG205 #reinvent

こんにちは。池田です。re:Invent参加メンバーによるアウトプットのスピードに圧倒されつつもこっそり投稿します。 はじめに 本投稿はAWS re:Inventにて発表された「STG205_#EarthOnAWS Ho [...]...

更新日: 2017-12-02
記事の見出し
  • 【翻訳してみた】EarthOnAWS How NASA is Using AWS #STG205 #reinvent
  • はじめに
  • 目次
  • なぜオープンデータを気にするのか
  • ビッグデータの未来のための準備
  • NASA地球科学データ
  • 地球科学オープンデータ政策
  • SIPS DAAC
  • EOSDIS core services
  • Open service APIのひとつCommon metadata repositoryについて
  • EOSDIS AWSへの移行
  • 未来への準備
  • 新しいinstrumentsとミッション
  • EOSDISデータシステムの進化
  • NISARの簡単な解説
  • The Surface Water & Ocean Topography (SWOT) の使命
  • データシステムアーキテクチャの未来はどうなるか
  • EOSDISはうまく機能しているが、より良くできるか
  • 概念的な「data close to compute」
  • Bring customers to the data
  • クラウドのスケーラビリティを模索する
  • 発想の転換をする必要がある
  • クラウドパフォーマンスが影響を受けるアーキテクチャ
  • AWS Step Functionsを利用したIngest & Archive
  • ユーザはデータをどう使うか
  • 異なる種類の出力
  • Hard cost controlsが不可欠
  • コンセプトデザイン
  • Cloud scale science data
  • Looking forward
  • Efficient data services access and distribution
  • 予測分析と機械学習をASF DAACで使用する
  • データストレージの予測分析
  • 機械学習:予測と動作を結びつける
  • 予測を使用する
  • So where does this leave us?
  • Final thoughts
  • 翻訳した感想など
テックブログ情報
【翻訳してみた】EarthOnAWS How NASA is Using AWS #STG205 #reinvent
ブログAWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ
ブログ概要AWS/iOS技術者の必読メディア
会社名クラスメソッド株式会社
会社概要AWSプロフェッショナル集団として受託システム開発を行う企業です